感染症ってなに?

  1. TOP > 
  2. 感染症ってなに? > 
  3. 「溶連菌感染症」ってどんな感染症?

「溶連菌感染症」ってどんな感染症? 

溶連菌感染症とは?

症状 ▶︎症状 ▼
  • 発疹
  • 発疹
  • せき
  • 倦怠感

溶連菌感染症とは、主にA群溶血性レンサ球菌(溶連菌)という細菌によって起こる感染症です。溶連菌は、健康な人の鼻やのどなどによくいる菌ですが、呼吸器や皮膚から感染するとさまざまな疾患をひき起こします。「冬」、「春から夏にかけて」と、年間で2回流行のピークがあります。

■流行の特徴と主な症状

溶連菌感染症の一般的な疾患は、学童期によく見られる急性の咽頭炎「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」、乳幼児に多く見られる皮膚感染症「伝染性膿痂疹(とびひ)」が挙げられます。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
2〜5日の潜伏期期間の後、突然の発熱と喉の痛みなどの風邪のような症状から始まります。その後、舌にイチゴのようなブツブツができたり(イチゴ舌)、紅い発しんが全身に出ることもあります。
伝染性膿痂疹(とびひ)
水疱(水ぶくれ)がみられたり、黄かっ色の膿のかさぶたが出きたりします。 かゆみがあり、かいて破れると、火事の飛び火のように周囲に移っていくので「とびひ」とも呼ばれます。虫刺されなどをひっかいたり、転んだりしてできた傷口について感染します。幼児・小児で鼻をさわるくせがあると、鼻の周囲から感染が始まることもあります。

溶連菌感染症は、子供から子供へだけではなく、抵抗力の低下した大人にも感染します。治療が不十分な場合、敗血症、リウマチ熱、腎炎などの合併症を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

まめ知識
「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」
溶連菌が血液、筋肉などに入ると、菌が出す毒素により、初期には手足の激しい痛み、腫れなどから非常に急激・劇的に進行し、重症な場合は、手足の壊死、ショック症状を引き起こし、死にいたることも。このため、溶連菌は「人食いバクテリア」とも呼ばれています。

どのように感染するの?

■主な感染経路
飛沫感染

くしゃみやせきによって、細菌を含んだしぶきが飛び散り、それを吸い込いこむことで感染します。感染原因のほとんどは飛沫感染です。

接触感染
感染した人の皮膚が、他の人の傷口に接触して感染します。
経口感染
食品を介して経口感染する場合もあります。

※感染力は急性期に最も強く、その後徐々に弱くなっていきます。

溶連菌感染症の予防・対策のポイント

基本は手洗い

  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)

普段からしっかり手を洗う習慣をつけておくことが大切です。流水と石けんで十分に手を洗い、タオルの共用はひかえましょう。また、アルコール手指消毒薬も効果があります。
⇒「手洗いの方法」について詳細はこちら

せきエチケット

  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

せきやくしゃみが出るときは、マスクをつけましょう。マスクをしていないときに出そうになったら、ティッシュや腕で、口と鼻をおおってください。もしも手のひらで口や鼻をおおってしまったら、すぐに手洗いを。
⇒「マスクの使用方法」について詳細はこちら

皮膚の清潔とスキンケア

  • 伝染性膿痂疹(とびひ)

手洗いや入浴により皮膚を清潔にし、スキンケアを心がけましょう。また、虫刺されなどでかき傷を作らないようにし、
鼻をいじった手で傷をさわらないように注意しましょう。

学校・幼稚園・保育所等では?

  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)

学校、保育施設や幼稚園などでは、集団感染が起こりやすくなります。患部をガーゼ等で保護し、周りにつけないようにすることで登校(通園)可能ですが、タオルや寝具の共用は避けましょう。プールの水では感染しませんが、治るまではやめましょう。
感染した場合の登校(通園)の目安として、適切なお薬(抗菌薬)を飲み始めてから24時間経過すれば感染力は失せるため、それ以降は可能とされています(*1)。
⇒その他注意すべき感染症はこちら

(*1) 文部科学省「学校において予防すべき感染症の解説」2018年3月発行 p.52

関連情報

東京都こども医療ガイド とびひ-解説-
http://www.guide.metro.tokyo.jp/sick/tobihi/index.html
東京都こども医療ガイド 溶連菌(ようれんきん)-解説
http://www.guide.metro.tokyo.jp/sick/youren/index.html
国立感染症研究所 IDWR 2012年第20号<注目すべき感染症>A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
https://www.niid.go.jp/niid/ja/group-a-streptococcus-m/group-a-streptococcus-idwrc.html
厚生労働省 保育所における感染症対策ガイドライン(2018 年改訂版)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf
文部科学省 学校において予防すべき感染症の解説 2018年3月発行
https://www.niid.go.jp/niid/ja/encycropedia/392-encyclopedia/317-rs-intro.html

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ー 他の感染症情報はこちら ー

  1. 感染症ってなに?に戻る

ページトップへ戻る