感染症ってなに?

  1. TOP > 
  2. 感染症ってなに? > 
  3. 「ノロウイルス」ってどんな感染症?

「ノロウイルス」ってどんな感染症?

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとは、ウイルス性胃腸炎の原因として知られる、感染力の強いウイルスのことです。ノロウイルスによって引き起こされる感染症を、ノロウイルス感染症と言います。食品だけでなく、感染者の嘔吐物や便にも大量に含まれているため、二次感染を起こしやすいのも特徴です。わずか10~100個程度のノロウイルスが体内に入っただけでも感染してしまいます。

■流行の特徴と主な症状

ノロウイルスが原因で発症する感染性胃腸炎や食中毒は、年間を通して報告されています。
特に冬は全国的に、増える傾向が見られます。
潜伏期間は1~2日程度。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢です。軽い発熱に加え、腹痛、頭痛、悪寒、筋肉痛、のどの痛み、倦怠感などを伴うことがあります。症状は全般的に軽めで、通常は2~3日でよくなります。ただし、高齢者や幼児、病弱な人は、嘔吐・下痢による脱水や窒息、誤嚥性肺炎などで死に至ることもあるため、注意が必要です。
現在、ノロウイルスに効く抗ウイルス薬やワクチンはありません。そのため治療は原則、症状を楽にするための対症療法です。脱水症状を防ぐ目的で点滴などが行われる場合もあります。

どのように感染するの?

■主な感染経路
経口感染

ノロウイルスに汚染された食品を食べて口から感染する場合がほとんどです。食中毒が起きても原因の食品を特定できないことが多いのですが、例えばカキなどの二枚貝、サラダやサンドイッチなどの非加熱食品、水や氷などが考えられます。

接触感染
感染者の便や吐物に触った手指を介して、ノロウイルスが口から入ってしまうことで感染します。便や吐物との接触だけでなく、感染者が触れたものに間接的に触れることでも感染する可能性があります。
飛沫感染
感染者の便や吐物を処理する際などに、飛び散ったノロウイルスを吸い込むことで感染します。
空気感染
感染者の便や吐物を処理が不十分で残っていると、それらが乾燥して細かい粒子となって空気中を漂い、経口感染することがあります。

●症状が治まっても、その後1週間から1ヵ月程度は、便の中にノロウイルスが排泄されることが知られています。二次感染にも注意が必要です。

ノロウイルスの予防・対策のポイント

加熱調理

ウイルスは熱に弱いため、加熱調理は有効な手段の一つです。ノロウイルスの汚染のおそれのある貝類や野菜などの食材は、85~90℃で90秒以上加熱してから食べるように心がけてください。

調理道具の手入れ

調理器具は十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(※)で消毒を。まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は、熱湯による加熱(85℃で1分以上)が有効です。

嘔吐物や便の処理

感染者の嘔吐物や便をそうじするときは、使い捨てのマスクと手袋を着用し、汚物中のウイルスが飛び散らないように、静かに拭き取ります。床に付着した便や吐物は次亜塩素酸ナトリウム(※)でふき取ってください。また、ノロウイルスは乾燥すると空中に漂い、空気感染することがありますから、取り残しのないように速やかに処理することも重要です。

寝具や衣類の洗濯

嘔吐物や便が付着したシーツなどは、しぶきが飛び散らないように、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いします。本来なら熱水による洗濯(85℃で1分間以上)が適していますが、熱水が使えない洗濯機であれば、水洗いした後、次亜塩素酸ナトリウム(※)で消毒を。また、高温の乾燥機を使えば殺菌効果が期待できます。布団などすぐに洗濯できないものは、よく乾燥させてスチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的です。下洗いした場所は、次亜塩素酸ナトリウム(※)で消毒し、洗剤を使って掃除してください。
次亜塩素酸ナトリウムは漂白作用があるので、色物・柄物を 消毒する際にはご注意ください。

室内や日用品の消毒

ドアノブやスイッチなど、よく触れる場所は、消毒用エタノールによる二度拭きか、次亜塩素酸ナトリウム(※)で消毒を。感染者が使った食器類も、次亜塩素酸ナトリウム(※)で消毒します。トイレ・風呂が汚れた場合はすぐに掃除をして清潔に保ちましょう。

処理した後は必ず手洗いを。

⇒「手洗いの方法」について詳細はこちら

学校・幼稚園・保育所等では?

下痢、嘔吐などの症状が軽くなり、全身状態がよければ登校(園)可。症状が治まっても手洗いの励行を。
⇒その他注意すべき感染症はこちら

※次亜塩素酸ナトリウムの濃度につきましては、塩素濃度約200〜1000ppmが有効とされています。
なお、次亜塩素酸ナトリウムは、酸性の洗浄・漂⽩剤、シアヌール酸系の製品と混合すると塩素ガスが発⽣して危険ですので、注意してご使⽤ください。

汚物・吐物処理⽅法ムービー

監 修:医療法⼈永広会法⼈本部QMC(SV)島⽥病院QMC医療安全管理室
院内感染管理責任者 感染管理認定看護師 森下 幸⼦先⽣

ムービーをダウンロードする

WMVファイル/再⽣時間:5分10秒(198MB)
ダウンロードされたムービーファイルはZIP形式で圧縮されていますので解凍してからご覧ください。ご利⽤環境によりダウンロードに時間がかかることがあります。

ノロウイルス関連リンク

<厚⽣労働省ホームページより>
「ノロウイルスに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
<国⽴感染症研究所 ホームページより>
「ノロウイルス感染症」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/na/norovirus.html
「感染性胃腸炎とは」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/intestinal.html
ノロウイルス等検出速報
https://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html
<⽶国 CDCのホームページより>
「ノロウイルス」
http://www.cdc.gov/norovirus/index.html
「最新のノロウイルスのアウトブレイクの管理と疾病予防のガイドライン」
https://www.cdc.gov/mmwr/pdf/rr/rr6003.pdf
<東京都福祉保健局公式ホームページより>
「社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/noro/manual.html
<東京都感染情報センター ホームページより>
「ノロウイルス対策緊急タスクフォース」
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/gastro/noro_task/

参考資料

  • 1) J.C.Doultree et al.:J.Hosp.Infect 1999;41:51-7.【19378】
  • 2)社内資料:ミルクポン®のin vitroノロウイルス代替ネコカリシウイルス不活化効果
  • 3)社内資料:ウエルセプト®のネコカリシウイルスに対するin vitro不活化試験
  • 4)社内資料:ウエルセプト®の⾼頻度接触⾯消毒⽤のウイルスに対するin vitro不活化試験
  • 5)社内資料:ウエルセプト®のin vitroウイルス不活化試験

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 感染症ってなに?に戻る

ページトップへ戻る