感染症ってなに?

  1. TOP > 
  2. 感染症ってなに? > 
  3. 「アデノウイルス」ってどんな感染症?

「アデノウイルス」ってどんな感染症?

アデノウイルスとは?

アデノウイルスとは、呼吸器、目、腸、泌尿器などに感染症を起こす原因ウイルスです。1953年に発見されました。51の型に分類され、病気と関係が深いのは1~8型です。多くの型があるため、免疫がつきにくく、何回もかかることがあります。

どのような感染症を引き起こすの?

呼吸器感染症
アデノウイルスは、鼻炎、咽頭炎、扁桃炎などの気道炎を起こします。症状には個人差があります。主にせき、結膜炎のほか、喉頭炎やクループ(声帯やのどに感染して気道の粘膜がはれる病気)、気管支炎、肺炎などが起きる場合もあります。肺炎の原因になるのは3・7・21型。特に7型による肺炎は重症化しやすく、死に至るケースもあります。
咽頭結膜熱(プール熱)
子どもの間でプールを介して流行することが多い咽頭結膜熱は、プール熱とも呼ばれ、夏に多く発生していましたが、温水プールの利用が盛んになったため、年中流行する可能性があります。うがい、手洗い、プールの塩素消毒などで、ある程度予防できます。熱は1日の間に39~40度の高熱と、37度前後の微熱の間を4~5日ほど行き来します。扁桃腺のはれ、のどの痛みに加え、結膜炎が伴うことも。学校保健安全法上の学校感染症の一つであり、主要な症状がなくなった後、2日間登校禁止となります。
流⾏性⾓結膜炎
年齢を問わず起こる目の病気で、充血し、目やにも出ます。咽頭結膜熱のような高熱は出ません。のどの赤みも強くありません。しかし非常に強い伝染力があります。流行性角結膜炎は学校保健安全法上の学校感染症の一つで、伝染の恐れがなくなるまで登校禁止となります。
胃腸炎
乳幼児期に多いのが特徴です。下痢、嘔吐、嘔気、気分不快、微熱、腹痛といった、ロタウイルスによる胃腸炎と似た症状が見られます。潜伏期は3~10日。感染者の便の中にあるウイルスが口から入って感染するほか、飛び散ったウイルスを吸い込むことでも感染する可能性があります。感染していても症状がない場合、気づかないうちに他人にうつしてしまうことがあります。
出⾎性膀胱炎
排尿時に痛みがあり、真っ赤な血尿が出ます。尿意が何度も起こる尿意頻発が見られることも。症状は2~3日で良くなり、血尿は10日程度で改善します。

どのように感染するの?

汚れた手指やタオルの共有、プールでの接触、呼吸器からの飛沫など様々な経路で感染します。

アデノウイルスの予防・対策のポイント

基本は手洗い

流水と石けんを使った十分な手洗いが対策の中心です。
手洗い後、アルコール手指消毒薬を使うことで、さらなる予防効果が期待できます。
⇒「手洗いの方法」について詳細はこちら

タオルの使い分けと洗濯

タオルの共有は避けましょう。アデノウイルスは熱に弱いので、感染者が使ったタオルは、熱水で洗濯すれば消毒できます(目安は85℃で1分間以上)。熱水洗濯が難しい場合は、水洗いした後に次亜塩素酸ナトリウムを使って消毒する方法も有効です。
次亜塩素酸ナトリウムは漂白作用があるので、色物・柄物を 消毒する際にはご注意ください。

室内の消毒

アデノウイルスは環境で10日間以上生き残ることもあるため、ドアノブなど感染者が触れた場所は、消毒用エタノールなどで二度拭きしましょう。

学校・幼稚園・保育所等では?

発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要な症状が治まった後2日経過するまで出席停止。
⇒その他注意すべき感染症はこちら

※次亜塩素酸ナトリウムの濃度につきましては、塩素濃度約200〜1000ppmが有効とされています。
なお、次亜塩素酸ナトリウムは、酸性の洗浄・漂⽩剤、シアヌール酸系の製品と混合すると塩素ガスが発⽣して危険ですので、注意してご使⽤ください。

参考資料

  • 1)国⽴感染症研究所 感染症疫学センター
    http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html
  • 2)野⽥雅博 他:感染症学雑誌74(8),664 - 669,2000
  • 3)野⽥伸司 他:感染症学雑誌55(5),355-365,1981
  • 4)社内資料:ウエルセプト®のin vitroウイルス不活化試験
  • 5)社内資料:ウエルセプト®⾼頻度接触⾯消毒⽤のウイルスに対するin vitro不活化試験

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 感染症ってなに?に戻る

ページトップへ戻る