感染症ってなに?

  1. TOP > 
  2. 感染症ってなに?

感染症のことを理解しよう!

このサイトでは、一般的な感染症の情報を掲載しています。感染経路や感染症の流行時期を把握し、日々の生活での対策にお役立てください。

感染症とは?

ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入して増殖し、発熱や下痢、咳等の症状がでることをいいます。感染症には、インフルエンザのように人から人にうつる感染症のほかに、破傷風や日本脳炎のように人から人にはうつらず、傷口から、あるいは動物や昆虫から、感染する感染症も含まれています。感染して発病する場合もあれば、ほとんど症状がでずに終わってしまう場合もあります。また、一度症状がでるとなかなか治りにくく、時には死に至るような感染症もあります。

感染経路

感染症によって、病原体の体内への侵入方法が異なります。大きく2つに分類すると、人からうつる感染症と、人以外からうつる感染症があります。
人からうつる感染症には、「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」の3つの経路があり、感染症を予防するためにはそれぞれにおいて感染経路を断ち切るための対策が必要になります。

接触感染→主に口から体内に侵入 空気感染→浮遊 飛沫感染→1~2m 動物 昆虫

感染症の種類

感染対策カレンダー

感染症は常に身近に存在するため、一年を通しての感染対策が必要です。まずは、毎日の「正しい手洗い」を心がけましょう。
各季節に流行する感染症の種類は多様で、それぞれの症状や感染経路にあわせた対策が重要です。
「感染対策カレンダー」を参考に、その季節に適した感染対策を行いましょう。

ノロウイルス感染症インフルエンザ咽頭結膜熱(プール熱)流行性角結膜炎

このカレンダーは、過去の流行に基づいて作成しています。 流行時期は、年によって大きく変わることがありますので、最新の情報をご確認ください。
最新情報の入手方法はこちら

ページトップへ戻る