家や施設で使える!学べる!感染対策のお役立ちツール

  1. TOP > 
  2. Pick Up感染対策 > 
  3. 消毒薬ごとの注意点

消毒薬の注意点

消毒薬ごとの性質と取り扱いの注意点を解説します。

次亜塩素酸ナトリウム

主な
使用範囲
注意点
  • 金属の腐食作用があるので、金属製の器具には使えません
  • 他剤との混合・併用により有毒な塩素ガスを発生させることがあります。
    特に、酸性の洗浄・漂白剤、アルコール製剤、シアヌール酸系の製品などの混合・併用は避けましょう。
  • 創傷部位には使えません
  • 血液や有機物があると分解して殺菌力が落ちるため、これらが大量に付着したものには使えません。見える汚れがある場合は、まず流水と石けんで洗浄しましょう。
  • 漂白・脱色作用があるので、色柄のリネン類への使用は避けましょう。

エタノール、イソプロパノール

主な
使用範囲
注意点
  • 揮発しやすい性質があります。
    消毒には至適濃度があるので、揮発による濃度低下に気をつけましょう。
  • 広範囲または長時間使用する場合は、充分な換気を行い、蒸気の吸入を控えるように注意しましょう。
    粘膜への刺激や頭痛などを引き起こすことがあります。
  • 引火性、揮発性があるので、火気に十分に注意しましょう。
  • 創傷部位や粘膜には使えません
    ただし、一部の製品では、脱脂綿やガーゼ等に浸して患部に塗るという用法・用量で使用されることがあります。

ポビドンヨード(ヨードホール)

主な
使用範囲
注意点
  • 長時間の接触を避けましょう
    接触性皮膚炎や皮膚変色があらわれることがあります。
  • 器具の消毒や、環境の消毒には使えません。
    金属を腐食したり、褐色に着色したりします。

クロルヘキシジングルコン酸塩、ベンザルコニウム塩化物、
ベンゼトニウム塩化物、
アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩

主な
使用範囲
注意点
  • 手指消毒薬に含まれることがあります。皮膚に用いる場合は、濃度が濃すぎないように、注意が必要です。製品の説明書をよく読んで使用しましょう。
  • クロルヘキシジングルコン酸塩は、粘膜には使用しません
    接触性皮膚炎やアナフィラキシーショックの副作用が知られています。
    ただし、一部の製品では薄めて使用するという用法・用量などで使用されることがあります。
  • 綿球やガーゼなどに吸着しやすく、濃度が低下するので気をつけましょう。
  • 有機物やせっけん類により、殺菌力が落ちるので、これらが付着しているときは、まず十分に洗い落としてから使用しましょう。

消毒効果を十分に発揮するための3要素とは?

消毒薬効果を下げないためのポイントを紹介します。

1使用濃度
「揮発」「希釈」「有機物混入」「経時的な化学変化」などは、消毒薬の濃度を低下させる原因となります。使用時の有効濃度が確保されるように管理してください。
2作用温度
冬場は20℃を下回らないように注意してください。消毒薬の作用温度は20~25℃です。
消毒薬は一般に、温度が高くなるほど殺菌力が強くなります。
20℃未満での使用は、消毒速度の低下により消毒時間が延長し、期待する効果が得られない場合があります。温度が高すぎる場合も要注意です。
3消毒時間
対象物と消毒薬を接触させる時間は、余裕を持って設定してください。速効性があるとされる消毒用エタノールや70%イソプロパノールでも10~15秒間の接触時間を要します。添付文書などに消毒時間の記載がない場合、浸漬消毒であれば30分間を目安にしてください。

さらに、以下の2つも消毒効果に影響します。
対策として「消毒前に予備洗浄する」ことがポイントです。

微生物の数
消毒前の微生物が少ないほど、短時間でゼロに近づけることができます。
血液などの
有機物
予備洗浄により付着している有機物をある程度除去することで、消毒効果への妨害作用を防ぐことができます。

 消毒薬の保管・調製時の注意点

保存・使用時の温度に注意!

※特に夏場の管理に注意しましょう。

保存温度が高すぎることで効果が弱くなる消毒薬

消毒薬 温度の影響
次亜塩素酸ナトリウムなど 高すぎると、成分の分解により安定性が低下する。
アルコール類
(エタノール、イソプロパノールなど)
高すぎると、揮発により濃度が低下する。

消毒薬:次亜塩素酸ナトリウムなど

温度の影響
高すぎると、成分の分解により安定性が低下する。

消毒薬: アルコール類(エタノール、イソプロパノールなど)

温度の影響
高すぎると、揮発により濃度が低下する。

pH(水素イオン濃度)の影響に注意!

pHの影響を受けやすい消毒薬

消毒薬 効果を発揮するpH pHに関する特徴
クロルヘキシジングルコン酸塩 酸性 アルカリ性になると沈殿が生じ、
消毒効果が減弱。

消毒薬: クロルヘキシジングルコン酸塩

効果を発揮するpH
酸性
pHに関連する特徴
アルカリ性になると沈殿が生じ、消毒効果が減弱。

3 消毒薬の吸着に注意!

消毒薬は一般に、繊維、生ゴム、プラスチックなどに吸着されやすいといわれます。綿球への吸着による影響を受けやすいのは、低濃度で使用される低水準消毒薬です。
微生物汚染を防止するうえ
でも、綿球の作り置きは避
けてください。
適正な濃度で、十分な薬液
量で調製し、24時間以内を
目安に使い切りましょう。

繊維吸着の影響を受けやすい消毒薬

消毒薬 注意点
ベンザルコニウム塩化物、
クロルヘキシジングルコン酸塩など
・綿球やガーゼに吸着しやすく、濃度低下を起こしやすい。
・微生物汚染を受けやすい。

消毒薬: ベンザルコニウム塩化物、クロルヘキシジングルコン酸塩など

注意点
・綿球やガーゼに吸着しやすく、濃度低下を起こしやすい。
・微生物汚染を受けやすい。

消毒方法はこちら

身の回りの清掃・消毒 からだの消毒

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • X
  • LINE
  1. 一覧に戻る

ページトップへ戻る