ママとパパの感染対策 for Family

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. ママとパパの感染対策

妊娠中のママは免疫の低下が起こるため、菌やウイルスに対する抵抗力が弱くなっています。
また小さな子どもでは免疫力が十分ではなかったり、感染症を意識して行動することはできません。
お子さまや妊娠中のママを感染症から守るために、家庭内に感染症を持ちこまない、広げないことが大切です。
気をつけるポイントをチェックしてみましょう。

感染対策カレンダー for KIDS

※クリックすると拡大できます

妊娠中ママがいる家庭感染対策

妊娠がわかったら感染症にかからないことが重要です。
ウイルスや細菌などがママからおなかの赤ちゃんにうつる「母子感染」が起きる可能性があるからです。
そうすると死産・流産に及んだり病気や障がいを持った赤ちゃんが生まれたりすることがあります。
妊娠中は予防接種ができず服用できない薬もあるので、感染症を家庭内にもちこまないために、一緒に住んでいる家族全員で感染対策を行い、注意して過ごしましょう。

感染症かかった時リスク

感染症によっては、妊娠中のママの感染により、「死産」「流産」「早産」などの胎児に深刻な影響を及ぼすことや、
無症状で生まれても成長とともに聴力障がいや精神発達遅滞などの「先天性疾患」が生じることがあります。
また出産時や出産後の濃厚接触で赤ちゃんに感染する可能性のある感染症もあります。
感染対策とともに感染の機会から遠ざかるように努めましょう。
症状と胎児への影響を詳しく見る(How to 感染対策「もうすぐお母さんになる方へ」)

妊婦健康診断では、必要に応じて感染症の検査を受けることができます。定期的に受診し、健康を管理しましょう。
妊婦検診Q&A(厚生労働省)

予防接種

妊娠中でも予防接種ができる感染症(不活化ワクチン)
インフルエンザ / B型肝炎 / 肺炎球菌 / 百日ぜき

妊娠中のママが感染症にかかり高熱などの重い症状に見舞われると、おなかの赤ちゃんにも影響が及ぶ可能性があります。
薬の服用ができないことを考え、おなかの赤ちゃんを守るために妊娠中でも受けることができる予防接種は受けましょう。

妊娠中には予防接種ができない感染症(生ワクチン)
結核 / 麻しん / 風しん / 水痘 / 黄熱 / ロタウイルス

生ワクチンは病原体となるウイルスや細菌の毒性を弱めて作られています。
不活化ワクチンのように感染力を失わせたものではないので、子宮内の赤ちゃんに移行すると悪い影響を与える可能性があり妊娠中は接種できません。
家族が積極的に予防接種を行い、感染のリスクを減らしましょう

ワクチンのない感染症
サイトメガロウイルス(CMV)感染症 / トキソプラズマ症
/ リステリア症 / 梅毒 /
性器クラミジア感染症
/ 伝染性紅斑(リンゴ病) / 性器ヘルペスウイルス感染症
/
B群溶血性連鎖球菌感染症 / 後天性免疫不全症候群
(エイズ)/ C型肝炎/
HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス-1型)感染症

家庭内感染対策

  • 食事の前、トイレの後は
    手洗い、
    もしくは
    アルコール消毒をしましょう
  • 食事は、生ものは避け、
    十分に火を通して
    調理しましょう
  • 子どもの尿や唾液に触れた後は
    しっかり手を洗いましょう
  • 猫の排泄物に触れないように
    しましょう。触れた場合は
    手洗い・消毒をしましょう
  • 歯ブラシ同士があたらない
    ように
    保管しましょう
  • 性行為時には避妊具を使い、
    オーラルセックスは
    避けましょう

外出時の感染対策

  • 帰宅後は石けんと流水による
    手洗い、うがいをしましょう
  • マスクを着用しましょう
  • 外出は人ごみや
    混雑する時間を避けましょう
感染症にかかってしまったとき…
体調がいつもと違うと感じたとき、
自己判断は禁物です。
普段診ていただいている産婦人科の医師に
相談しましょう。

乳幼児がいる家庭感染対策

感染経路を把握して、
注意しましょう。
できる所から、
毎日の習慣にしていきましょう。

乳幼児はおもちゃなど手にしたものを口に持って行く特性があるので、物を介した感染が心配です。さらにおむつの交換や唾液など、乳幼児との日常のふれあいの中に感染症の原因となる菌やウイルスが潜んでいることがあります。感染症をうつさない・うつされないように、感染対策をきちっと行い、家族を感染症から守りましょう。

お子さまに必要な感染対策

  • 生後2か月から必要な予防接種を受けましょう。
    予防接種についてはこちら

  • 唾液が付着したおもちゃが感染源となる可能性があります。おもちゃの共有を避けましょう。使う前後には素材にあわせて洗浄・消毒を行いましょう。

  • 唾液がついている可能性のある、歯ブラシ、タオル、食事の際の皿・箸などの食器類は共有しないようにしましょう。子どもの食べ残しは捨てましょう。

お子さまを看病する時の感染対策

  • 排泄物に感染リスクがあります。おむつの交換時は手洗いをしっかり行いましょう。
    おむつの処理方法はこちら

  • 血液や体液、分泌物、排泄物などからうつります。家族とは分けて洗濯をしましょう。洗濯物に触った後は手洗いをしっかり行いましょう。

  • 離乳食を作る前に、調理器具(まな板、包丁、洗浄用スポンジ)を洗浄・消毒し、台所をきれいにしましょう。
    調理器具の消毒方法はこちら

おむつ交換をした場所や、その時に触れた場所
(手洗い場など)は、消毒をしましょう。
次亜塩素酸Na製剤の使い方はこちら

園児・小学生がいる家庭の感染対策

お子さまと協力して
感染対策に取り組みましょう。
感染症にかからない、
うつさないように注意しましょう。

行動範囲が広くなるので外出時の感染対策が重要になります。
乳幼児に比べると体調が思わしくなければ伝えることができ、行動にも変化が現れやすいので体調不良に気がつきやすいのですが、一方で少々の体調の変化であれば動くことができるため、周囲に感染症を広げないように注意が必要です。

お子さまに必要な感染対策

  • 手指は菌やウイルスが付着しやすいので帰宅時、食事前、トイレの後は石けんと流水で入念に手を洗いましょう。手洗いが難しい場合は、アルコール消毒を行いましょう。

  • 外出時にはマスクを着用しましょう。
    マスクの正しい使い方はこちら

  • 定期接種を受けていない場合は医師に相談し、予防接種を受けましょう。
    予防接種についてはこちら

  • 虫が媒介する感染症があります。虫除けスプレーなどで対策し、蚊、野外にいるマダニにかまれないよう注意が必要です。
    アウトドアでの感染対策はこちら

  • プールの水、タオルの共用でうつる感染症があります。ゴーグルを着用し、タオルの貸し借りはやめましょう。
    プールでうつる感染症はこちら

お子さまを看病する時の感染対策

  • マスクを着用しましょう。そばにいるときに嘔吐することもあります。常にエプロン、手袋、清拭、消毒の用意を整えておきましょう。

  • 嘔吐物・排泄物を処理する際には、使い捨てマスク・エプロン・手袋を着用しましょう。処理した後は手洗いを行いましょう。

  • 嘔吐物などで汚れた場所は清拭、消毒しましょう。子どもがよくふれる場所やものも消毒しましょう。
    次亜塩素酸Na製剤の使い方はこちら

  • 排泄物、嘔吐物、処理に使ったタオルなどは、他のゴミと袋を分けて、直接ふれないようにしっかりと密閉します。洗濯する場合は分けて洗い、洗濯物に触れた後は手を洗いましょう。

  • 元気になったように見えても完治していない可能性があります。自己判断での登校は禁物です。診察を受けた医師に相談してください。
    >感染症別出席停止期間はこちら

感染症を家に持ち込まない、
家庭内で広げないよう、
掃除・感染対策をしっかり行いましょう。

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 一覧に戻る

ページトップへ戻る