How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. 冬の感染症
一般ご家庭・学校向け
病院・介護施設向け

冬の感染症

【症状】
たんが多い , 吐き気・嘔吐 , 咳・喉の痛み , 息苦しい , 発熱・悪寒 , 腹痛・下痢 , 鼻水・鼻づまり
【季節】
【感染症名】
インフルエンザ , ノロウイルス , 新型コロナウイルス感染症
冬の感染症

緊急事態宣言が解除されてからも新型コロナウイルス新規感染者は順調に減少しています。しかし、これから冬になると気温の低下や乾燥、またクリスマスやお正月などで大勢の人が集まることも考えらえるので、新型コロナウイルスはもちろん、インフルエンザなど冬の感染症にも注意が必要です。

また、実際に一部の地域でノロウイルスの感染が確認されています。

今回は冬の感染症についてご紹介します。

インフルエンザ

毎年11月下旬頃から12月上旬頃に流行が始まり、翌年の1~3月頃にピークを迎えます。潜伏期間は1~3日で、主な症状は、38℃以上の発熱、せき、悪寒、のどの痛み、関節痛、全身倦怠感、頭痛などです。空気感染や接触感染が起こることもありますが、飛沫感染が主であると考えられます。感染の多くは、くしゃみやせきが原因です。ウイルスを含んだしぶきが飛び散り、それを吸い込むことで感染します。新型コロナウイルスと同じような感染経路ですので、対策としても新型コロナウイルス対策と同じで、手洗いやアルコール手指消毒薬の使用、マスク着用などの咳エチケット、換気や部屋の加湿などです。治療薬やワクチンはあります。

詳細はこちら(「インフルエンザ」ってどんな感染症?)
加湿器についてはこちら(加湿器の種類と正しい使い方)

換気についてはこちら((新型コロナウイルの消毒・除菌を正しく行うために②>空気中のウイルス対策))

ノロウイルス

年間を通して報告はありますが、特に冬に多いです。潜伏期間は1~2日程度で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢です。ノロウイルスは、カキなどの食品を介して経口感染します。また、感染力が強く乾燥に強いためヒトからヒトへの二次感染が多いです。ウイルスが吐物や便に大量に含まれており感染源になります。感染経路としては、接触感染、飛沫感染、空気感染のいずれも考えられます。対策としては食中毒の予防と二次感染の防止です。具体的には、手洗い、加熱調理、調理器具の消毒などです。有効なワクチンや治療薬はなく、感染すると対症療法が行われます。

詳細はこちら(「ノロウイルス」ってどんな感染症?)



icon_mametishiki.png

『今年はインフルエンザワクチンの接種はどうする!?』
一般的に、インフルエンザは温帯地方では冬に流行します。北半球だと11月下旬~3月に流行しますが、南半球だと6~9月に流行します。北半球での流行を予測する上で南半球の流行状況は参考になります。オーストラリアからの報告によると、2021年流行シーズンではインフルエンザの感染者がきわめて少数でした。このことより、今シーズンも北半球でインフルエンザは流行しないのではないかとも考えられますが、アジアの亜熱帯地域では一部の国で流行が確認されています。これらの国では、インフルエンザワクチン接種が普及しておらず、社会全体のインフルエンザに対する免疫が低かったと思われます。流行した地域の人が今後国境を越えて移動することで、世界中へウイルスが拡散される可能性があります。また、前シーズンにインフルエンザが流行しなかったので、国内全体で集団免疫が形成されていないと考えられます。このような点を踏まえて、日本感染症学会では今シーズンもインフルエンザワクチンの接種が推奨されています。ちなみに、新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンなどの他のワクチンは片方のワクチンを接種してから2週間空ける必要があります。

日本感染症学会 「2021-2022年シーズンにおけるインフルエンザワクチン接種に関する考え方」を参考として記載
https://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=44


関連情報

厚生労働省 

インフルエンザ(総合ページ)

(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/index.html)

インフルエンザ施設内感染予防の手引き
(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/tebiki25.pdf)

ノロウイルスに関するQ&A

(http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html)

日本感染症学会 

2021-2022年シーズンにおけるインフルエンザワクチン接種に関する考え方
(https://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=44)

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る
  3. 次の記事を見る

感染対策おすすめ記事

ページトップへ戻る