How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. 9月24日~30日は結核予防週間!
一般ご家庭・学校向け
病院・介護施設向け

9月24日~30日は結核予防週間!

【症状】
たんが多い , 咳・喉の痛み , 発熱・悪寒
【季節】
春, 夏, 秋, 冬
【感染症名】
結核
9月24日~30日は結核予防週間!

9月24日~30日は結核予防週間です。毎年、結核に関する正しい知識の普及活動が行われています。

結核の概要についてご紹介します。

結核とはどのような感染症?

結核は、肺結核※を発症した人のしぶきなどによって、結核菌が空気中を漂い、その結核菌を吸い込むことで感染します。結核は感染しても必ず発症するわけではありません。発症しなかった人は結核菌が体内に留まり、加齢など何らかの理由で抵抗力が落ちると発症します。

※結核は主に肺で発症する肺結核がほとんどですが、肺以外の臓器で発症する肺外結核もあります。

結核は過去の病気ではない

結核は、エイズ、マラリアとともに、世界3大感染症となっています。

BCGワクチンや抗結核薬の普及などにより患者数は順調に減少していますが、現在でも年間で1万人以上の新規の患者が出ています。BCGワクチンの影響もあり、日本では小児の患者は少なく、抵抗力が落ちた高齢者の発症が大部分を占めます。また、結核の発生は人口の多い都市部で多い傾向にあります。

都道府県別の罹患率についてはこちら(3月24日は世界結核デー<結核は過去の病気ではありません)

結核の予防・治療

結核は診断が遅れると周囲の人に感染させるリスクも上がるので早期発見・早期治療が大切です。また、予防も重要です。

結核に感染してこれまで発症していない場合でも抵抗力が落ちたら発症しますので、普段から適度な運動、十分な睡眠、バランスのとれた食事が必要です。

抵抗力の弱い乳幼児は、結核に感染すると重症化しやすいので、BCGワクチンが有効です。生後1歳までに1回接種します。標準的には生後5ヵ月から8ヵ月の期間に行われます。

他のワクチンとの接種間隔についてはこちら(予防接種を受けるタイミングと注意)

結核菌は主に肺の内部で増えるため、咳、痰、発熱、呼吸困難などの風邪のような症状を呈することが多いです。これらの症状が2週間以上続く場合は受診しましょう。

治療は抗結核薬です。症状がなくなっても途中で治療を止めると耐性化することもありますので、治療を開始したら最後まで飲み続けることが必要です。

icon_mametishiki.png

BCGワクチンのコッホ現象
通常、BCGワクチンを接種した後は、2週間くらい経つと赤くなり、5~6週間後に最も強い反応が出ます。結核に感染した人がBCGワクチンを接種すると、接種してから1週間~10日以内(多くの場合は3日以内)に同じように強い反応が出ます。この現象は、結核菌を発見したドイツの医師ロベルト・コッホの名前から「コッホ現象」と呼ばれています。コッホ現象かもしれないと思ったら、医療機関を受診しましょう。

厚生労働省 結核とBCGワクチンに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/index.html


関連情報

厚生労働省

結核(BCGワクチン)

(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou03/index.html)

結核とBCGワクチンに関するQ&A

(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/index.html)

首相官邸

結核対策

(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/kekkaku.html)

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る
  3. 次の記事を見る

感染対策おすすめ記事

ページトップへ戻る