How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. 新型コロナウイルスワクチンについて
一般ご家庭・学校向け
病院・介護施設向け

新型コロナウイルスワクチンについて

【症状】
味覚異常 , 咳・喉の痛み , 嗅覚異常・味覚異常 , 息苦しい , 発熱・悪寒 , 腹痛・下痢 , 頭痛がする , 鼻水・鼻づまり
【季節】
春, 夏, 秋, 冬
【感染症名】
新型コロナウイルス感染症
新型コロナウイルスワクチンについて

2020年12月にイギリス、アメリカなどで接種が開始され、2021年2月17日日本でも医療従事者約4万人を対象に先行接種が開始されました。日本政府は新型コロナウイルス感染防止の決め手と位置付けています。
ワクチンを開発するには、候補物質を検索し、効果や安全性を確認し、承認されるまで通常年単位の期間が必要ですが、短期間で特例承認された新型コロナウイルスワクチンの種類、効果や副反応、接種するときに気をつけたいことについて2回に分けてご紹介します。
 ⇒新型コロナウイルスワクチンを接種するときに気をつけたいことはこちら

主な新型コロナウイルスワクチン

新型コロナウイルスワクチンには、従来のワクチンと遺伝子を使用した新しいワクチンがあります。
なお、ワクチンについて詳しくはまめ知識『ワクチンとは何?』を参照してください。
新型コロナウイルスワクチンに関する内容は2021年2月24日に更新された情報に基づいています

従来のワクチン(不活化ワクチン、組換えタンパクワクチンなど)
組換えタンパクワクチン
 国内開発:1社
 海外開発:2社
不活化ワクチン
 国内開発:1社
新しいワクチン(新型コロナウイルスの遺伝子を使用したワクチン)
新型コロナウイルスがヒトの細胞に結合するときに必要な突起物(スパイクタンパク)をつくる遺伝子を使用します。使用する遺伝子により、 メッセンジャーRNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、DNAワクチンがあります。
メッセンジャーRNAワクチン
 海外開発:3社(1社は2021年2月14日日本で特例承認、1社は2021年3月5日日本で申請)
 国内開発:1社 
ウイルスベクターワクチン
 海外開発:2社(1社は2021年2月5日日本で申請)
 国内開発:1社
DNAワクチン
 国内開発:1社

 ⇒新型コロナウイルスワクチンの開発状況について詳しくはこちら

icon_mametishiki.png

『ワクチンとは何?』
感染症にかかると、体内に侵入したウイルスや細菌などの病原体(抗原)に対して特異的に感染を防止する物質(中和抗体)ができ、その感染症にふたたびかからなくなったり、かかっても症状が軽くすむことがあります。このことを免疫(抵抗力)ができるといいます。
ワクチンは、この仕組みを利用してあらかじめ病原体に対する免疫を作るために投与するもので、感染予防、感染症の発症や重症化の防止のために使用されます。ワクチンを投与することを予防接種と言います。
ワクチンには、従来のワクチンと遺伝子を使用した新しいワクチンがあります。
従来のワクチン(生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイド)
免疫を作るために必要なウイルスや細菌に由来したタンパク(抗原)をワクチンとして投与することで免疫を作ります。
これらのワクチンの製造には、鶏卵や動物、動物の細胞などの生きた細胞が必要なため、時間がかかるなど大量生産に向いていません。

・生ワクチン:病原性を弱くした細菌やウイルス
・不活化ワクチン:病原性をなくした細菌やウイルス、免疫をつくるために必要な細菌やウイルスの一部のタンパク
・トキソイド:無毒化した細菌の毒素
遺伝子を使用した新しいワクチン
ウイルスなどの病原体のタンパクをつくる遺伝情報をもった遺伝子をワクチンとして投与し、ヒトの体内で病原体のタンパク(抗原)が作られることで免疫を作ります。
従来のワクチンより短期間で開発が可能で、短時間で大量生産ができるというメリットがあります。
・メッセンジャーRNAワクチン
遺伝子の設計図であるDNA、DNAを転写して具体的に指示書・命令書のように書き換えたRNAというものを利用しています。
タンパク(抗原)を作る遺伝情報を含んだメッセンジャーRNAを脂質の粒子に入れてワクチンとして投与すると、細胞内に取り込まれタンパク(抗原)が作られます。
新型コロナウイルスワクチンスライド確認2-5.jpg・ウイルスベクターワクチン
遺伝子治療にも使われる先端的な技法で、ウイルスに設計図を運んでもらうイメージです。ウイルスをベクター(遺伝情報の乗り物)として利用しています。
タンパク(抗原)をつくる遺伝情報に書き換えた弱毒化したウイルスをワクチンとして投与すると、細胞に感染しウイルスベクターからメッセンジャ―RNAが作られ、タンパク(抗原)が作られます。
新型コロナウイルスワクチンスライド確認2-6.jpg ⇒予防接種について詳しくはこちら


関連情報

厚生労働省
予防接種基礎講座(平成29年3月開催) 資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000167059.html
新型コロナウイルスワクチンについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html
開発状況について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00223.html
新型コロナワクチン接種についてのお知らせ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html
新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html
国立感染症研究所
新型コロナウイルスワクチンの国内導入にあたって―mRNAワクチンとウイルスベクターワクチンの基本
https://www.niid.go.jp/niid/ja/typhi-m/iasr-reference/2536-related-articles/related-articles-492/10182-492r06.html

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る

感染対策おすすめ記事

ページトップへ戻る