How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. 加湿器の種類と正しい使い方

加湿器の種類と正しい使い方

【季節】
【感染症名】
インフルエンザ

GettyImages-918621634.jpg

加湿器は部屋の湿度コントロールにすごく便利です。水を入れるだけで簡単に加湿が出来るので、忙しい方にお勧めですが、お手入れが面倒で、電気代もかかります。でも、お手入れを怠るとレジオネラなどの細菌感染の恐れがあるのです。

加湿器には蒸気を発生する方式によって、特徴があります。また、その能力を活かせる場所に置くことが重要です。
⇒「簡単加湿」について詳細はこちら

加湿器の種類と特徴

気化式

水を含ませたフィルターにファンで風を当てて気化させます。部屋に濡れた洗濯物を干すイメージ。

ヒーターを使わないので電気代が安く、吹き出し口が熱くならなくて安全ですが、加湿効果は低いです。

フィルターの水に菌が増殖すると腐敗臭がしたり、菌が風に乗って飛散するかもしれませんのでお手入れをお忘れなく。

◎ 加熱式

水をヒーターで加熱し、その蒸気で加湿します。お湯を沸かすイメージ。

加熱により水を殺菌するので、菌を放出せずクリーンで、加湿効果も高く、暖かい蒸気で部屋が暖まります。

ヒーターを使うため電気代が高く、熱い蒸気が吹き出すためヤケドには注意が必要です。また、加湿しすぎで結露することも。

◎ ハイブリッド式

気化式+加熱式で、洗濯物を温風で乾かしてるイメージ。

◎ 超音波式

 超音波の振動によって水を霧状にして、ファンで空気中に放出して加湿します。霧吹きのイメージ。

熱を使わないため、ヤケドの心配がありません。電気代が安く、アロマオイルで香りも楽しめます。

可愛らしいデザインやオシャレな物が多く、加湿効果は高いですが、菌が溜まりやすく、構造的に洗浄しにくいため、菌を放出することがあります。また、結露が多く、空気が冷えて室温が下がります。

加湿器の設置場所

◎ 加湿器を置くと良い場所は?

・部屋の真ん中あたりの場所(全体にバランスよく加湿するため、ドアの開閉による影響も少ない)

・台の上など高い所(床から70~100cm位の高さ)

・寝室や子供部屋は「人の近く」

・換気扇から遠い場所

◎加湿器を置くと良くない場所は・・・

・部屋の隅

・カーテンのそば、窓際(湿気によりカビ・結露が発生)

・床の上

・エアコンの風が直接当たる場所(エアコンのカビ発生・加湿器の温度センサー誤作動)

・テレビ、パソコンなどの家電の近く(家電に水滴がつき故障の原因に)

例えば、窓際や部屋のすみっこで使って蒸気の方向が一方向だと、周辺にたくさん湿気が集まるので、

加湿器は・・・

・「よしよし、周りの湿度が十分上がってきたな。」

・「じゃあ、もうこのくらいにして、あとは省エネモードにしなきゃ!」

と、こんな勘違いをしてしまうこともあるのです。

インフルエンザにかかりにくくするための最適な部屋の湿度は50%~60%くらいです。

何%と言われてもなかなかピンときませんが、お手頃な湿度計もありますので、使ってみてはいかがでしょうか?

湿度が低い場合は加湿、高すぎると換気や除湿して、適度な湿度に保ちましょう。

加湿器のお手入れ

お手入れを怠ると、レジオネラなどの細菌感染をしてしまうことがあります。家庭用の加湿器は、お手入れしやすい構造のものがお勧めです。

タンクの水は、毎日新しい水道水に交換しましょう。

加湿器を使わないときは、タンクの水を抜き、吹き出し口やタンクをよく洗浄し、乾燥して保管します。

また、使用開始前や使用期間中は定期的に汚れの状況のチェックや掃除をし、年に1回は必ず掃除しましょう。

掃除のやり方など、お使いの加湿器の取扱説明書をよく読んでお使いください。

関連情報

大阪市 レジオネラ症~家庭での予防について~
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000005669.html

厚生労働省 レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/rezionerashishin.pdf

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る

ページトップへ戻る