How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. お部屋とお肌に潤いを

お部屋とお肌に潤いを

【季節】
【感染症名】
インフルエンザ

GettyImages-496493298.jpg

冬は空気が乾燥する季節です。空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなり、スキントラブルも多くなります。

のどとお肌に優しい、潤い生活を心掛けましょう。

空気が乾燥すると・・・

◎風邪をひいたり、インフルエンザにかかりやすくなる!

乾燥した空気を吸い込むと、のどの粘膜からウイルスやホコリを排出する機能が低下するため、風邪をひいたりインフルエンザにかかりやすくなります。

⇒「インフルエンザ」について詳細はこちら


◎スキントラブルが起こる!

空気が乾燥すると皮膚の潤いが少なくなり、ドライスキンになります。特に、水仕事の多い方はドライスキンになりやすく、さらに加齢による影響もあります。ドライスキンになると皮膚のバリア機能が低下して、ホコリや細菌などから保護できなくなり、手荒れ、湿疹、かゆみなどのスキントラブルが起こります。


◎静電気が発生しやすくなる!

セーターなどを着る機会が多い冬は、空気が乾燥すると摩擦によって静電気が発生しやすく、更に体に蓄積されていきます。蓄積された静電気は、電気の通りやすいものに触れるとバチッとして、びっくりするだけではなく、体に悪い影響があると言われています。また、静電気は空気中のホコリやダニなどを吸い寄せてしまいます。

最適な部屋の湿度って?

このように乾燥には、気を付けないといけませんが、湿度が高すぎると、「結露」が起こって、カビが生えやすくなり、家にも体にも良くありません。

インフルエンザにかかりにくくするための最適な部屋の湿度は50%~60%くらいです。

何%と言われてもなかなかピンときませんが、お手頃な湿度計もありますので、使ってみてはいかがでしょうか?

湿度が低い場合は加湿、高すぎると換気や除湿して、適度な湿度に保ちましょう。

簡単加湿

加湿の方法はいろいろありますが、長所と短所があります。ライフスタイルに合った加湿を。あなたの家にあるものでも簡単に加湿ができますよ。

①加湿器
加湿器は部屋の湿度コントロールにすごく便利です。水を入れるだけで簡単に加湿ができるので、忙しい方にお勧めです。でも、お手入れが面倒で、電気代もかります。お手入れを怠るとレジオネラなどの細菌感染の恐れもあります。
⇒加湿器の種類と正しい使い方」について詳細はこちら

② 洗濯物を室内に干す
洗濯物を部屋干しにすれば湿度が上がります。
でも、「部屋干しの臭い」は気になる方も多いのでは。この場合は、部屋干し向きの洗剤の使用、日光が当たる窓側に干す、サーキュレーターなどで風の通り道を作ってあげるなどの方法があります。湿度が上がり過ぎたら窓を開けて換気・調節しましょう。カーテンを洗って、そのままカーテンレールに掛けるのも効果的です。

③ 濡れたタオルを干す
洗濯物を干すのに抵抗がある方は、タオル(バスタオル)を濡らして部屋に吊るす方法がお勧めです。水をたくさん含むので、長時間部屋の加湿に役立ちます。アロマを少し吹きかけてあげると、香りを楽しむこともできますよ。

④ 霧吹きで水を部屋にまく
消臭効果があるスプレーや、リネン用のスプレー、ルームミスト、アロマなどの水分を、室内やカーテン、ベッド、ソファなどにまくと加湿ができます。

⑤ お湯を沸かす
お湯を沸かしただけで加湿になります。電気ケトルのお湯を沸かして、冷えるとまた沸かす、これだけで簡単な加湿器になります。あたたかいものを飲むことで、のども潤せます。

⑥ 石油ファンヒーターやガスストーブを使う
石油やガスは燃焼すると、熱とともに水分を出すので、加湿効果があります。その上でお湯を沸かすとさらに効果的です。時々の換気は忘れずに。

⑦ お風呂場のドアを開けておく
入浴後1~2時間、ドアを開けておくと、お風呂場の蒸気がお部屋の方にも流れて行きますので、お部屋の中が加湿されます。

⑧ マスクをする
のどの乾燥対策としてはある意味最強です。マスクをして寝ると翌日、本当に潤っています。
耳の引っ張りが少ない優しいタイプのマスクも出ていますので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。


関連情報 

東京都福祉保健局「健康・快適居住環境の指針」 分冊版(冬の住まい方)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/kankyo_eisei/jukankyo/indoor/kenko/sisin_bunsatuban.html

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る
  3. 次の記事を見る

ページトップへ戻る