How to
感染対策

  1. TOP > 
  2. How to 感染対策 > 
  3. 予防接種を受けましょう!

予防接種を受けましょう!

【感染症名】
インフルエンザ , 風しん

iStock-905899402S.jpg

予防接種ってワクチンのこと?

ワクチンとは、細菌やウイルスなどの病原体あるいは病原体が出す毒素の病原性や毒性を弱めたりなくしたりしたものです。これを前もって取り入れておけば、その病原体から体を守る仕組み(免疫)ができて、いざ本当の病原体が体の中に入ってきたときに免疫によって体が守られ、感染症にかかりにくくなります。この『ワクチンを前もって取り入れる』ことを『予防接種』といいます。

自分のため、そして、みんなのために

麻しん(はしか)や水痘(みずぼうそう)は、一度かかってしまえば一生続く免疫ができるので、予防接種をせずに自然にかかるほうが良いと考える方がいます。しかし、感染症にかかることによって、まれにいろいろな合併症 (例えば、脳炎や肺炎など)を起こす危険もあります。また、自分が感染症にかかることにより、周りの人にその病気を拡げてしまうこともあります。したがって、ワクチンで予防できる感染症は、ワクチン接種で予防するのが最善の方法です。
個人の感染予防と感染症の拡がりを防ぐためにワクチンの予防接種を受けましょう。
ですが、ワクチンを予防接種することにより、まれに副反応などが起こる場合があるので、予防接種のメリットとデメリットについて十分理解することも大切です。
また、予防接種をしたからといって、絶対かからないとは言えません。手洗いやマスクなども忘れずに。
⇒「手洗いの方法」について詳細はこちら
⇒「マスクの使用方法」について詳細はこちら

日本小児科学会は、2018年5月、一般の方々を対象に知っておきたいわくちん情報を発表しました。
予防接種に関する基本的な知識と各ワクチンの情報が分かりやすくまとめられています。多くのイラストが入っており、親しみやすく、読みやすい内容ですので、ぜひお読みください。
日本小児科学会知っておきたいわくちん情報についてはこちら


なお、予防接種には、国が法律で勧めている「定期接種」と希望者が各自で受ける「任意接種」があり、肺炎球菌ワクチンは、平成26年20月2日から高齢者も定期接種となっています。身近な方は接種されていますか?
⇒厚生労働省「肺炎球菌感染症(高齢者)」についてはこちら

参考:予防接種情報(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/yobou-sesshu/

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る

ページトップへ戻る