感染対策コンシェルジュの
活動日記

  1. TOP > 
  2. 感染対策コンシェルジュの活動日記 > 
  3. 兵庫県の幼稚園にて手洗いの啓発活動を実施しました。

兵庫県の幼稚園にて手洗いの啓発活動を実施しました。

【実施年度】
2017
【場所】
幼稚園・保育施設
【内容】
啓発活動
兵庫県の幼稚園にて手洗いの啓発活動を実施しました。

感染対策コンシェルジュの後藤潤子です。 私たちは、通常は医療機関や、高齢者施設、薬剤師会等にて感染対策の講演会を主に行わせていただいておりますが、コンシェルジュの活動としてはこういった医療関連施設、団体だけでなく、幼稚園から大学、専門学校などにもご訪問させていただき、どうして感染対策が大切か、どうすれば感染から身を守れるか、そしてどのような消毒薬を選べばよいか、という情報を提供しています。 今回は兵庫県にある神戸親和女子大学附属 親和幼稚園にて、手洗いの大切さを園児と保護者の皆様にお伝えしてきた活動をご紹介します。



DSC00898.JPGお勉強に参加してくださったのは、5歳児6歳児の園児たちとその保護者の皆さん。 とっても元気にご挨拶をしてくれ、「なぜ熱が出たり、お腹が痛くなったりするの?」という質問には元気に「ばい菌が体に入ってくるから~!」と答えてくれていました。中には、「鼻水って黄色いんだよ~」などとまでお話してくれる園児さんも。 幼稚園児、なかなかしっかり理解していたので、もう少し難しいお話を準備しておいてもよかったのかな?と思うほどでした。



baikin.jpgいつ手を洗えばいいの?どうやって洗えばいいの?を実践してもらいながら、一生懸命説明を聞き、ばい菌をやっつけるための手洗いを身につけてもらいました。 児童の手洗いを見て思ったのですが、一番綺麗に洗っているのは時間の制約がない子どもたちかもしれませんね。 元気な子供たちに癒されながら、私たちもどんなお話をすればいいのか?を学ばせていただける活動でした。

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る
  3. 次の記事を見る

ページトップへ戻る