感染対策コンシェルジュの
活動日記

  1. TOP > 
  2. 感染対策コンシェルジュの活動日記 > 
  3. 将来医療の現場で働く学生を対象とした研修会
一般ご家庭・学校向け

将来医療の現場で働く学生を対象とした研修会

【実施年度】
2020
【場所】
学校
【内容】
研修・勉強会

愛知県にある名古屋医療秘書福祉専門学校の学生のみなさんに感染症と感染対策の基本を講義し、手指衛生の方法、個人防護具の着脱、嘔吐物の処理の実習を行ってきました。

普段なら医療機関での実習で感染対策を体感できるのですが、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり実習に行けない学生さんが多くいらっしゃるとのことでした。

今回は、実習に行けなかった学生さんにも医療機関での感染対策に対する考え方を理解してもらうことが大きな目的です。

内容としては、「微生物とは?、感染症とは?」などの基本的なところから「標準予防策、感染経路別予防策」といった感染対策を中心に講義を行いました。

実習では専用の蛍光クリームをアルコール手指消毒剤に見立てて、ブラックライトで光らせて手指全体にまんべんなく薬液が接触できているか?また、手洗いした後に残っていないか?を体験してもらい、嘔吐物の処理では疑似吐物を用意してどれくらい飛び散るのかを確認し、代表の方に処理を体験してもらいました。

過去に同じような実習を行った時には、ワイワイと騒ぎながら実習に参加されるケースが多かったのですが、参加者も制限しみなさんマスク着用で距離を取っての参加でしたので実施する側としては少々寂しい感じもしました。

今回の研修がこれから医療現場で働くみなさんの少しでもお役に立つことを願って。


本文用.jpg

- 記事をシェアする -

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  1. 前の記事を見る
  2. 一覧に戻る

ページトップへ戻る